若手医師が「市中病院への就職」をする上で認識しておくべきデメリット【医師転職】

若手医師であった場合、市中病院に就職すべきか、あるいは医局に所属すべきかというところが悩みどころであったりすると思います。

ネット上では、とかく医局のデメリットばかりが目につきますが、それでも医局人事、「定期的な異動」があるという点においては、若手医師にとってはメリットとなりうるのではないか、と思われます。

産業医をしていて思いますが、たとえば「反りが合わない上司」がいたとして、あまり人事異動のない「固定された職場」でありますと、グンッと離職率が上がります。組織に柔軟性や変化がない職場ですと、「この大変な環境のまま働くのか…」と思うと、退職・転職を選んでしまいがちということです。

この点、医局所属ですと「次の異動までだ」と耐えることができれば環境自体が変わりますが、市中病院への就職ですとそうもいきません。ある程度の人の入れ替わりはありますが、「その職場」に転職するまで居続けることになります。

また、「様々な医師とともに働く」という経験が乏しいため、どう対応したらいいのかが分からず、ストレスをより溜め込んでしまう可能性もあります。

実際、私もこの「変わらない職場」「様々な医師と接する経験の乏しさ」が二大要因として退職へと突き進んでしまったように思います。

ただ、逆を言えば「環境を変えるために、リセットの意味で転職する」という選択は残されているため、もし勤務継続が困難ということでしたら、転職もありでしょう。ですが、安易な転職を繰り返すことは望ましくないため、ぜひともリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しつつ転職活動を行うことをおすすめしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。