医師の転職が難しくなる3つの要因

スポンサーリンク

医師が転職しようと思っている際、難しくなるケースがあります。「なかなかいい求人に巡り会えず、動き出せない」「なかなか内定がもらえない」「そもそも、どこから手をつけていっていいか分からない」…といったことで、転職活動が進んでいかないというケースもあります。

では、その「転職が難しくなってしまっている要因」としてはどんなものがあるでしょうか。今回はその原因となり得る要因について書いてみたいと思います。

年齢と経験不足の問題

求人先としても、やはりできることなら「経験豊富なドクター」が欲しいものです。そのため、「一念発起して、転科するために転職したい」ということですと、「未経験も可」などと謳っているところでないと難しいと思われます。

一方で、「年齢が上だと、それなりの報酬を用意しなければならない」ということもあり、「できれば若手がいい、かと言ってあまりに経験不足は困る」といった要望があったり、「今いる先生が50代なので、できれば40代までの先生を希望」といったことがあったりもします。

こうした転職をしようとしている側と、採用側のミスマッチが生じていることもあったりします。私も内科医から産業医へと転身しましたが、今思うと、「よく未経験で、30代の医師を雇ってくれたなぁ」となりますね。

もし未経験で「転科を」などと考えておられるようでしたら、条件面(報酬、勤務地など)ではある程度譲歩する必要があると思われます。

「あれも、これも」と希望を詰め込みすぎ

転職で「なんでも希望が叶う」ということは、やはりありません。希望で「ここだけは外せない」というものはあるかもしれませんが、大きいものから小さいもの全ての希望が叶うということはあると思われます。

全ての希望を「あれも、これも」と思いながら転職活動をしていると、やはり途中で「結局、何のための転職なの?」「どの求人も、自分には合ってないように思えてしまう」となってしまうことがあります。

そんな時は、まず原点に立ち返り、「なんのための転職なの?」「これだけはという希望・条件を書き出してみる」ということをやってみてはいかがでしょうか。その上で、それ以外の条件を譲歩できるかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。

スケジュールが急すぎる

求人にも波があり、シーズンによっても変化があります。そのため、「なにがなんでも、○ヶ月後に転職する」といったスケジュールの決め方ですと、転職が難しくなることもあります。

そのため、やはりある程度は余裕のあるスケジューリングをしておくとよろしいでしょう。あらかじめ、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

民間医局

など、無料で利用できる複数の人材紹介会社への登録しておき、要望を伝えておいた上で求人を紹介してもらっておいて、「ここ、いいかも」というところに応募してみるというスタンスがよろしいかと思われます。

釣りでもなかなか「あたり」が来ないこともあります。それまではじっくりと待つことも必要だと思われます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました