「非常勤バイトをクビになる」という事態にすぐ対応できるようにする3つの方法【医師バイト】

コロナ禍で経営状況が悪化し、「バイトのクビ切り」話をよく聞くようになってきています。やはり「無い袖は振れない」ということでもあり、決して安くはない医師の人件費は真っ先に削られる可能性が高いということでしょう。

よほどコネや貢献度が高いならいざしらず、やはり非常勤バイトは「いつ切られてもおかしくない」と思っておいた方がいいとあらためて思った次第です。

では、「非常勤バイトをクビになる」という事態にすぐ対応できるようにしておくにはどのようにすべきかということですが、私としては以下の3点を心がけておくべきかな、と思っております。

「情報通」とコミュニケーションをとっておく

どこの病院にも、内情に詳しい「情報通」がいるものです。看護師さんやMAさんなどと話をしていると、「あの先生、辞めるんじゃなくて契約打ち切りよ」などといったことを教えてくれたりします。

ですので、噂話などに日頃から詳しそうな人とコミュニケーションを図っておいて、特に退職、クビ切り話などがないかどうかは耳にしておいた方がよろしいかと思われます。

実際、私も隣のブースの先生が「退職する」とは聞いておりましたが、実際はクビ切りであると事情通の看護師さんに聞いて驚きました。それを聞いて、より一層私としても「あ、危ないのかもな」などと危機感を感じていたりします。

「クビを言い渡されたらどう動くか」を考えておく

もしクビを言い渡された場合、次のバイト先を探すことになるという方が大半ではないでしょうか。そのような時、

「希望の時給、業務内容、勤務エリア」などをあらかじめまとめておいて、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアや、医師バイトドットコムなどの求人紹介会社にすぐご相談できるようにしておくことをおすすめします。

また、あまり希望条件に該当する求人がない場合、「通勤可能エリアを少し広げる」「業務内容を変更する」といったことも必要であることがあり、妥協できる点はどうしたものがあるかなども併せて検討しておくべきかな、と思われます。

ゴネるのは得策ではない

すでに雇い主側はクビを切る気満々ですから、それを翻意することは考えにくいですし、再びクビ切りをしてこないとは限りません。

ですので、できることならばゴネるのではなく、速やかに立ち去って次の職場を探すことを考えた方がよろしいかと思われます。「プライドが傷つく」ことにより、ご立腹されることも分かりますが、やはりゴネるより「さぁ次を探そう」と気分を切り替えるべきかな、と思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。