就活・転職中のSNS書き込みにご注意を「あなたの本性、見られてますよ」

スポンサーリンク

最近では、フェイスブックやツイッターなど、SNSが一般的となり、アカウントを持っていらっしゃる先生も多いのではないでしょうか。

製薬会社のMRさんも見ているようで、私も「フェイスブックに書かれていましたが、○○さんっていうアーティストがお好きなんですよね?」などと言われたことを受けて、慌てて一般公開していた設定を、「友人のみ」に変更したことをよく覚えています(笑)

そんなこともあり、病院の人事担当者も、面接前にあなたの名前をフェイスブックやツイッターなどで検索している可能性は十分にあります。そこに、もしかして人格を疑うような発言や、病院に対する愚痴があったりすれば、悪印象となることは避けられないと思います。

一般企業の応募にエントリーする就活生には当然のことのようですが、医師の採用試験といえど、見られている可能性は高いと思います。以前の書き込みについても、「ちょっとこれはマズいな…」などというものがあれば、削除しておく方が良いでしょう。

また、忘れがちではありますが、今まで勤めていた病院での友人・同僚に、新たな病院に移ったということは筒抜けになっている可能性があります。そこから情報が漏れ出ることがイヤな方は、SNSにも気を配ることが重要ですね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました