バイト医師がリストラに遭う理由の一つを垣間見た気がした【医師バイト】

職域接種で、産業医だけではまかないきれないため、スポットバイトのドクターなどが招集されている現状ですが、やはり様々なドクターがいるというのを改めて気付かされました。

とにかく予診で、変なこだわりを持って細かいところまでチェックしないと気がすまず、接種を滞らせてしまう医師。ほとんど無言で、淡々と接種だけして社員から「あの先生怖い…」とクレームを発生させる医師。落ち着きがなく、とにかくヒマがあればうろうろしている医師…などなど。

私もあまり人のことは言えませんが、「社会人としての常識はどこへいった?」「空気を読んでよ…」と思うことが多々ありました。

そこで思ったことですが、やはり雇い主側の意図を汲んで「こう働いて欲しい」というニーズを満たすことができないドクターは容易に首切り対象となってしまうということです。

「クレームを発生させず、基本的な社会人としての常識・マナーが守れていて、しっかりと利益を生み出すことができる」ということを大概の病院などは医師へ求めていることだと思いますが、それすらできず、好き勝手な診療をやって、変なプライドやこだわりだけ頑なに持ってしまっている医師は、それは淘汰されてしまうよな、と思った次第です。

自戒の意味を込めて書かせていただきますが、やはり「雇い主側のニーズを汲み、社会人としてのマナー・常識を守って、報酬以上の働きを見せる」ことはバイトであっても最低限やる必要があると思った次第です。

ただ、経営状況によっては上記のことを守っていてもリストラの憂き目に遭うことはあると思います。そのような時はぜひ、あまり落ち込まずにリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリア医師バイトドットコムなどの求人紹介会社にご相談の上、ご希望の条件の求人をお探しいただくことをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。