あなたの医師としてのバイト報酬、本当に適切ですか?時給換算して平均と確認してみましょう

厚生労働省の平成26年版「賃金構造基本統計調査」をもとに算出した、職種別の「年収ランキング」「時給ランキング」が公表されていますが、この中で、医師の該当項目について興味深い結果が出ております。

まず、年収は1,154万円で、航空機操縦士に次いで2位となっています。この辺は順当な順位となっておりますが、年間労働時間については、2088時間と、航空機操縦士の1,656時間に比べ、大幅に多くなっています。

結果、時給は「5526.9円」とのことで、航空機操縦士、大学教授に次いで3位となっています。

今回、この時給についてのデータを出させてもらったのには「あなたの非常勤としてのアルバイトは、本当に適正な対価が支払われていますか?」という基準を持っていただきたかったからです。

たとえば、「5万円の当直バイト」を引き受けたとします。18時から朝の7時までといった勤務になると思いますが、計13時間であり、時給換算すると時給 約3,800円となっています。もちろん、全部の時間を労働しているわけではなく、休みもあるわけですから、実質の労働対価としては、決して安くはないと思います。

ですが、救急病院で、かなりハードでほとんど休めないような当直となった場合、「割にあわないな…」と思うのではないでしょうか。感覚的にそう思っていても、なかなか、実際に時給換算したりはしないと思いますので、そのバイトは本当に割に合うものなのかどうか、確かめてみましょう。そのバイトを続けるべきか、新たなバイトを見つけるべきかの判断材料となるはずです。

もし別のバイトを探したい場合は、「医師バイトドットコム」などで登録の上、探してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。