「転職すべきか悩む」のは当然だから「まず第一歩」を踏み出すべき理由【医師転職】

私は3回の転職経験がありますので、転職すること自体に以前ほどは抵抗はないというのが正直なところですが、それでもいざ転職するとなったら、また悩むと思います。

ましてや「これから初めての転職」という方であれば、さらに悩まれるでしょう。「今の職場から離れたい。でも…転職は果たして成功するのか?」「今より勤務条件が悪化することもあるよなぁ…」「ここを離れて、上手くやっていけるのか…」などなど、様々な不安が渦巻くと思います。

ただ、その悩みの大半は「未知であること」からくることが大半です。実際にどのような求人があり、どのようなプロセスで転職活動が進んでいくのか…など、「知らない、分からない」ということが多いため、悩んだり不安に思ってしまうのではないでしょうか。

志望校、あるいは勤務先を選ぶ時、どのようなことをしたか思い出してみていただきたいのですが、「複数の学校や職場を比較検討する」「実際にオープンキャンパスなどで訪れてみる」といったことをされたのではないでしょうか。

転職活動も同様で、「まずは求人情報を得て、比較検討する」「実際に見学に行ってみる」といったことをしないと、先に進んでいけません。だからこそ、まずは一歩踏み出して転職エージェントに相談したり、あるいは求人情報を集める必要があるわけです。

「転職すべきか…せざるべきか…」と、まるで花占いのように悩んでいたところで、先へは進みません。まずは「希望条件に合致した求人はあるのか?」といったことを調べることから始めてみましょう。

リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談して希望条件を伝えますと、求人情報を教えてくれます。比較検討してみて、「やっぱり希望の求人がない」ということであれば、途中でやめても問題ありません。無理強いすることはありませんので、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。