周りの同僚医師の「当然」が「当然ではなかった」自分【医師転職】

初期研修を経て、私は内科のとある専門科で後期研修をすることになりました。既に初期研修時代に「当直がキツイ…」「救急対応、同期と同じようにテキパキ動けない…」「時間外の夜間カンファレンス、土曜も出勤するのしんどい…」ということは自覚していましたが、「後期研修医で経験を積めば、なんとかなるだろう」と思っていました。

当初は先輩医師も多く、なんとかなっていましたが、その先輩医師たちが徐々に退職していき、否が応でも当直回数、オンコール回数、救急対応の回数などが増えていきました。

そこで改めて「当直・オンコール・救急対応に強いストレスを感じ、いつまで経っても慣れない」と分かったわけです。ですが、初期研修医時代の同期たちは同様の仕事をこなしているわけで、私ほどのストレスを感じていない様子でした。

はた、とそこでまた思うのですが、周りの同僚医師の「当然」が「当然ではなかった」というわけです。研修先で勤務を続ける上では、後期研修医と言えど、スタッフの一人でカウントされている以上、やはり「当直・オンコール・救急対応」が必要になるわけですが、結局のところ私は耐えられませんでした。

ですが、このことを退職するまで自分で認められませんでした。「今は体調が悪いだけ。きっと同期と同じように働ける…」と思っていましたが、産業医になって臨床から遠ざかった今ならはっきりと認められます。私は臨床医に向いていませんでした。

私のように、臨床医に向いていないながら臨床医になってしまった、あるいは「周りの同僚医師の当然」が当然ではない、耐えられない医師というのは一定数いるんじゃないかな、と思っています。

もちろん、そのまま耐えようと奮闘される方もおられるでしょう。それを決して間違っているとは思いませんし、そのまま勤務継続できるのならばそれに越したことはないと思います。ですが、「臨床を離れる」という選択肢もあることを頭の片隅に置いていただければと思います。

もし万が一、「もう無理」という限界を感じるようでしたら、勤務条件をもう少しゆるめに設定して臨床医を続けたり、あるいは産業医といった臨床以外の場で働くこともできると思います。

そうした相談をしてみたい、ということでしたら、私もお世話になりましたリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにお話をしていただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。