「過去の自分を否定する」ことから始める転職は好ましくないと思う理由【医師転職】

某医師掲示場で、4月の異動時期を控えてか、大学医局に所属しておられた先生方が「もっと早く退局しておけばよかった」といった書き込みをしたりしていました。

「今まで滅私奉公をしていたのは何だったんだ」「研究などしておらず、もっと早く開業しておけばよかった」…などなど、後悔とともに自分自身の過去を否定するコメントが目立ちます。

転職などの岐路に立った際、ついつい「今までのことは無駄だった」「こんなところに勤務しているべきではなかった」などなど、否定から入ってしまいで、「転科してゼロベースからやり直したい」「外科は潰しが利かないから、内科に転科だ」「臨床医を辞めてしまいたい」などと極端な考えになってしまう傾向にあります。

ただ、これは非常にもったいないと思います。今まで培った知識・経験を活かす方向でやはり考えるべきではないでしょうか。

私自身も、後期研修中の内科医からいきなり産業医へと転職しておりますが、なんとなく上手くいっているからいいものの、今考えるとその無鉄砲さ加減にゾッとします。

今だったら、転職する前に勤務条件の変更を交渉したり、あるいは短期的な休業で不眠症による体調不良を改善させたり、それでもダメなら勤務条件をゆるくした上で後期研修を続けたり…など、もう少しリスクを抑えた転職もできたはずです。

しかしながら、一人だとなかなかそのような堅実な転職を考えることができず、ついつい「今、このイヤな職場から逃げ出したい」といった一心で、「いきなり退職」「いきなり産業医」といった極端な行動に出てしまったりします。

できればやはり、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントと相談しつつ方針を決めていかれてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。