仕事でお悩みのドクターの皆さん、「求人情報を見る」ことが精神安定剤代わりになることもあります

私が臨床医時代、病院を退職しようかどうか悩んでいた時の話です。そのころは業務自体、そして人間関係にも悩むことが多く、不眠症状に悩まされ始めていました。

そのころ、いきなり3次救急病院の内科医から今のように産業医になろうとは考えてはおらず、まずは近隣の1~2次病院での転職を考えておりました。ストレスを多く抱え、帰宅して寝る、という生活を繰り返す中、辛いときは転職支援サイトの「求人情報」を見ていました。

もちろん、転職したところでそこにはまた別の悩みが出てくるのでしょうが、その当時は「その気になれば、ここから抜け出せるんだ」と思い、辛い気持ちがほんの少し楽になったのを覚えています。今思えば、「求人情報を見る」ということが、精神安定剤代わりになっていたのだと思います。

実際、転職支援サイトに登録して病院に面接を受けに行くと、より気持ちは転職に傾いていき、悩みがさらに消えていきました。申し訳ないことに、途中で産業医になることに決めて、その病院の内定を辞退してしまうことになりましたが、実際、行動してみるとふっと気持ちが楽になりました。

自分を追い詰め、あまりの辛さに死を選んでしまわれる先生方もいらっしゃると聞きます。今、不眠や抑うつ気分など、悩んでらっしゃる真っ最中の先生もいらっしゃるかもしれません。そうした先生方も、一度「リクルート ドクターズキャリア」などで求人情報をご覧になってみてはいかがでしょうか。

働く場所は一つではありません。先生に合った職場が、必ずあるはずです。人間関係などに悩んで、楽しくない仕事をお続けになっていらっしゃる先生方、業務負担があまりに大き過ぎて大変な思いをされていらっしゃる先生方、ぜひキャリアエージェントさんにご相談なさっていただければと存じます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。