産業医として、研修医が「研修医をやめたい」と思うのが当たり前だと考える3つの理由

私も初期研修医を2年間経験したわけですが、毎日のように「研修医やめたい…」と思っていました。ただ、比較的ゆるやかなプログラムであったことや、お世話になった先生の存在もあり、なんとか初期研修は修了することができました。

さて、この「初期研修医」の時期ですが、産業医になって今振り返ってみると、「それは当然、やめたいと思うよな」と改めて思います。

その理由としては…

2~3ヶ月ごとに入れ替わる環境

私の場合、循環器内科→呼吸器内科→総合診療科→外科…と、2~3ヶ月ごとに科を移って研修を行っていました。科を移るたびに新たな人間関係、業務内容を覚えることになっていたわけで、それは多大なるストレスだったと思います。

そもそも、人によって感じ方は異なりますが、「変化=ストレス」ということであり、ある程度の知識・経験を得た今であっても、同じプログラムで研修を受けるとなれば、それはストレスを抱えることになると思います。

そのため、このめまぐるしい環境・人間関係の変化は、ストレスを抱える原因として大きかったと思います。

裁量権の乏しさ

初期研修医ですと、「自分で決定していい部分が乏しい=裁量権が乏しい」状態です。ほぼ、なんでもかんでも上級医・指導医に報告・連絡・相談を行い、その上で仕事をしていかなければなりません。

こうした裁量権の乏しい状態は、それ自体ストレスとなりえます。なおかつ、自ら仕事を行うということよりは、デューティーとして与えられた仕事を淡々と続けることが多いこともストレスの要因となると思います。

社会人としての経験の乏しさ

卒後かなりの年数が経ってきますと、良くも悪くも「人慣れ」してきて、業務で様々な人に関わることに、ストレスを感じにくくなってくると思います。この点が、卒後しばらく経ったドクターと、初期研修医の大きな違いではないでしょうか。

ご年配の患者さんやご家族、上級医や看護師…本当に様々な年代の方を業務上では相手にします。この点、「人慣れ」していない初期研修医にとっては非常に辛い状況ではないでしょうか。

以上です。
一つ言えることは、初期研修医の置かれている環境は誰にとってもストレスフルとなりうる状況だと思われます。ただ、期間は決まっています。2年という期間さえ乗り切ってしまえば、少なくとも初期研修医という状況は脱せます。

できれば耐えて欲しいと思いますが、不眠症状や抑うつ症状などが現れているようでしたら、すみやかに研修プログラムの担当医師、メンターなどにご相談しましょう。時には休むという選択も必要なこともあります。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。