先輩医師や同期のような働き方が「無理」と感じた時に考えたいこと【医師転職】

私が非常勤として勤務する病院に、やや「問題児」のように思われている初期研修医がいるようです。興味のない科では真面目に研修を行っておらず、病棟や外来にも行かずに医局で居眠りしている…ということのようです。

私もあまり人のことは言えず、指導医の先生方には申し訳ないことをしたな、と思う一方で、やはり「他の一般的なドクターのように勤務する」ことが難しい医師は一定数いるのではないかと思われます。

いわゆる臨床医向きではない医師のことで、

・上司や他科のドクターなどとの人間関係に難がある。

・時間外での問い合わせや呼び出し、当直・オンコールの対応にがある生活に耐えられない。

・なんとかして自分の業務を減らそうとすることばかり考えている。

・積極性に乏しいために知識や経験があまり増えず、結果としていつまで経っても診療に自信がない。

といった特徴があるように思います(私を含めて)。そうなりますと、先輩医師や同期のような働き方が「無理」と感じることも多く、その場合は、やはり「働き方を変える」必要があるように思います。

同じ科で働き続ける希望があるのならば、「当直回数や救急対応などが少なく、業務負荷のさほど高くない病院」を探すということも手でしょう。転科することもできますし、あるいは「もう臨床は無理だな」と感じて産業医に転職するという手もあると思われます。
そのような決断をするのは、私自身も非常に大変でした。転職活動自体も、初めてでは特にストレスフルでした。ですが、その後数十年、違和感や不満を感じながら勤務するよりはよっぽど産業医に転職してよかったな、と思っています。

ただ、ついつい「先輩はこう働いていた」「同期はバリバリ臨床をやっている」などと比較してしまい、その一歩が踏み出せないものです。ただ、全ての医師がそのように働けるとは限りません。私も結局は臨床に向いていないのに臨床医となってしまい、なおかつそのことを薄々気づいていながら自分を騙し続けていたのだと思います。

もし臨床医として勤務を続けていて、そのことに違和感を感じておられるということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。