「当直・オンコールなし」を条件に転職をする上でのポイント「理由をハッキリ説明できますか?」

大多数の勤務医にとって、寝当直やアルバイトなどの高額報酬の出る当直を除き、「当直はしたくない」「オンコールで呼び出されるのは嫌だ」というのが本音のところなのではないでしょうか。年齢を重ねていくと体にも負担がかかるし、翌日の勤務もしんどく思うといったところが理由になると思います。

忙しさや人によって、「週1回」「月に2回までなら」といった許容範囲も幅があると思いますが、「絶対に当直をしたくない」といったことを条件に転職をすることも、可能ではあると思います。

最初から「当直なし」「オンコールなし」の職場を選ぶことも、選択肢の一つです。たとえば、産業医や生命保険の審査医など、こうした条件を叶えることが可能になる職場もあるわけです。

ですが、「内科医として勤務したい」ということもまた条件で転職を考える場合、求人先との交渉が必要になります。「当直なし」を最初から謳っているようなところもありますが、慢性期病院であっても、大多数は「当直あり・オンコールあり」となっていると思います。

そこで必要になるのが、求人先に「当直なし」を条件に雇用してもらうことができるかどうかという交渉です。おそらく、雇用する側は、確実に「なぜ、当直なしで希望されているのですか?」と質問されると思います。

「家庭の事情で…」「持病があり…」「前の勤務先で、当直が多くて体を壊してしまい…」と言ったハッキリとした理由がないと、なかなか認められづらいと思います。つまりは、「相手が納得できるように説明できるかどうか」というところに掛かってくるということですね。

ただ、やはり面接の場で一から説明して交渉する、というのはなかなか困難です。そこで、「 医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア 」などのエージェントに最初から交渉していただく、というのも手です。同様のケースを数多く経験しているでしょうから、求人先に角が立つようなことも上手く事情を説明してくれて、交渉もスムーズに行くと思います。

また、ある程度年齢が上になられている先生方には、「40代50代60代の医師転職ドットコム」もオススメです。ゆるやかな条件での求人先も多数あるとのことです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。