転職しようとするも妻が猛反対…内定辞退に陥らないためのポイント

スポンサーリンク

転職先が決まり、内定が出ているような時、それを翻す理由として、実は多いのが「妻(または家族)に反対されまして…」ということだそうです。

ただ、当然のことながら、内定辞退というのは止めた方が良いです。転職先に面接・選考のための時間をとらせるということも迷惑となります。

もし、現時点で籍を置いている医局や病院に、退職の話をしてあったら、一度辞めると言った人間を、厚遇しようとはしないと思います。人間関係も、ぎくしゃくとする可能性もあります。

転職は、本人の問題だけではなく、家族の問題です。
収入が変わることもあり、引っ越しをするならば、その負担も家族にのしかかってきます。家族の生活にも、大きく影響する可能性があるわけです。

転職を考えたら、まず家族(特に配偶者)に話をしてみましょう。転職先が決まっているかどうかに関わらず、あらかじめ話をしておき、相談の時間をできるだけとることで、理解を得やすいと思います。

特に、「なぜ転職したいのか」「転職先は、どんなところか」といったことを、じっくり、そして具体的にしっかりと話しましょう。どんな相手でも、もちろん家族であっても、説得するには、それ相応の情報や時間が必要だとご認識いただいた方が良いと思います。
転職成功には、ご家族や周囲の理解・協力が必要だとお考えいただき、ぜひともご家族への説明には、しっかりと取り組んでいただければと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました