医師にオススメの「転職サイトの選び方・使い方」とは【医師転職】

スポンサーリンク

私も3度の転職を経験しており、その全てで転職支援会社の転職エージェントを利用しています。その中で、「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」を中心として、他の会社も利用させていただきました。

その経験の中で、「転職サイトの選び方・使い方」で自分なりに気づいた点について、今回は書いてみたいと思います。

基本は2社の転職エージェントに相談しつつ求人紹介を待つ

私としましては、やはり大手で求人が集まりやすい、なおかつ転職エージェントの質も高い方が多いと考え、「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」を中心に登録されることをオススメします。

この2社に登録し、転職エージェントにしっかりと希望条件を伝え、あとは求人紹介を待つ、ということで十分転職活動は行えると思います。

医師の転職活動において「転職エージェントとの初回面談」が大切である理由【医師転職】

なお、転職エージェントに相談しておきますと、サイト上で公開するよりも先に教えてくれることもありますので、やはりエージェントとともに転職活動を行うべきであると思います。

なお、「あまりいい求人がないな…」と思った場合は、「医師の転職支援会社・転職エージェントとの上手い付き合い方「希望条件と求人票のズレを感じたら」」を参考にして、改めて転職エージェントと話し合うことも重要です。

エムスリーキャリアの「病院・企業へ直接応募」を利用

上記の「待ちのスタンス」でいいとは思いますが、それでも「他のサイトの求人も知りたい」ということでしたら、「エムスリーキャリア」のサイトで求人を自分で探すこともできます。

こちらでは、医療機関が求人を掲載していて、自分で直接応募できたり、エムスリーキャリア以外の人材紹介会社が求人を掲載していて、他社の求人も知ることができます。ですので、そうした求人をチェックしておくのも、比較検討ができてよろしいかと思います。

多くの転職サイトに登録すべきではない理由

私としましては、上記2社で十分であり、他にどうしても必要ならばプラス一社程度にとどめておくべきだと思います。

その理由としては、ただでさえ勤務をしていて忙しいのに、そこに多くの転職支援会社の転職エージェントと密に連絡をとって転職活動を行っていくのは大変です。また、多くの転職サイトに登録したからといって、それで「隠れた良求人」などがあるわけでもありません(基本的に求人は似たりよったりです)。

ですので、できれば「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」2社に絞り、良い求人が出てくるのを待つ、あるいは転職エージェントと話し合う、といった姿勢でよろしいかと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました