産業医の求人選びをする際に「待遇」を見る上での大事な3つのチェックポイント【産業医転職】

産業医の「待遇」は、求人ごとに結構異なります。企業として産業医を「どう招き入れるか」にかかってくるわけで、やはりそこは企業ごとの特色が表れてくるところだと思います。

今回は、産業医の求人選びをする際に「待遇」を見る上でのチェックポイントについて書いてみたいと思います。なお、もちろん年収は真っ先に見るところでしょうから、あえてこの記事では外しています。

雇用契約は嘱託?正社員?

常勤産業医で考えますと、基本的には1年ごとに契約更新を行う「嘱託契約」の企業が多いと思います。つまりは、「ちょっとウチには合わないなぁ」という産業医であった場合、契約更新を行わず、そこまでの雇い入れということになります。

ですが、中には「正社員雇用」を行っているところもあり、その場合は1年ごとの契約更新は考えずに済むわけです。ですが、こうした雇い入れ方法は非常に稀で、「ウチは正社員雇用しますよ」と特色として打ち出していることが多いです。

勤務日数・時間・有給休暇日数

週に何日勤務し、勤務時間はどの程度かというのはやはり企業によって異なります。また、企業内であっても「週4勤務、相談可」というところもあり、交渉によって週5日勤務なのか、4日勤務になるかというところもあります。

また、勤務時間についても、どの程度の終業時間なのか、何時開始なのかという点で交渉が可能な企業もあります。

あとは年次有給休暇日数ですが、これがどれぐらいの日数付与されるのかという点も企業ごとにことなりますので、待遇面でしっかりとチェックしておきたい点です。

社会保険の有無、交通費支給

週4日以上の勤務では、基本的に社会保険加入が可能となるところが多いですが、週3勤務などですと、「週20時間勤務未満」ということもありえるため、社会保険の加入条件から外れることがあります。

加入できる、できないは非常に気になるところですので、やはり確実にチェックしておきたいところです。

また、交通費支給が満額行われるところ、支給しないところ、遠方からですと新幹線の交通費負担を行ってくれる企業もあったりします。交通費支給の条件、範囲などについてもしっかりと確認しておきたいところです。

以上です。
待遇面での質問や交渉などは、やはりなかなか直接しづらいという方もおられるでしょう。そのような時は、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントが代わりにしてくれるということもありますので、求人情報を求めつつ、ご相談されてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました