医師の転職で生じる「迷い」の三段階と解消法【医師転職】

医師が転職活動を進めていく上で、必ずと言っていいほど「迷い」が生じてきます。しかも、その転職活動の段階ごとに、異なる迷いが生じてくるわけです。

今回は、そんな転職活動で生じる「迷い」の段階と、それぞれの段階での解消法について書いてみたいと思います。

転職活動前での迷い

転職活動を始める前、「転職しようか、どうしようか…」という迷いが生じてきます。果たして転職は上手くいくのか、転職して後悔しないか…など、様々な不安と「転職したい」という思いが交錯している時期だと思います。

現在の職場、人間関係に対する不満を抱え、その不満がピークに到達しそうになる中で「よし、転職しよう」と至るイメージの方が多いように思います。

この段階での迷いというのは、「転職活動の第一歩を踏み出すかどうか」というようなことであると思いますので、まだまだ引き返すことは容易です。実際、私もどういった転職をしようかまるっきり具体的に考えていない中で「リクルートドクターズキャリア」に連絡し、転職活動を始めていました。

こうした迷いについては、「気軽に一歩を踏み出してみる」ことをオススメしたいと思います。もちろん、こうした段階ではまだまだ引き返すことは可能ですので、転職活動を中止することも選択肢の一つです。

求人の比較検討段階での迷い

リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントに相談しますと、希望条件に合うようなところの求人票をもらえます。

そうした複数の求人の中から選択し、応募を行って採用面接を受ける…といった流れとなることが大半です。この中で、「どこの求人に応募しようか」という迷いがここで生じてくると思われます。

「思ったより良い求人がなかった」ということであれば、転職エージェントと相談の上、求人が出揃ってくるのを待つか、転職することを見送るか、といったことがこの段階ではまだまだできます。

実際、私も求人があまり希望と合致しなかった場合は、一度転職活動を休止してまた新たに再開するといったことも行っています。

内定を得られた段階での迷い

内定が得られたところで、現在の職場に退職の意向を伝えることになります。その意向を伝えることでの迷いや、引き止められた際の迷いなど、「実際に転職するかどうか」という迷いがここでは生じてきます。

そのような時には、「退職の報告で引き止めにあって「揺らいでしまう」時に考えるべき3つのこと【医師転職】」をご参考にしていただき、「本当に留まるべきなのか」といったことを改めてお考えいただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました