産業医求人で「複数の事業所で勤務」を行う上でのパターン分類【産業医転職】

産業医求人で「複数の事業所で勤務」を求められることがあります。そうした場合、

・メインとなる事業所へ主に勤務して、月に1回ずつ他事業所を訪問する。

・週に3日A事業所、2日B事業所で勤務。

・午前中はメインとなる事業所に勤務、午後に他事業所を訪問。

といったパターンがあります。「メインとなる事業所へ主に勤務して、月に1回ずつ他事業所を訪問する」ということが多く、メインとなる事業所に加え、支社や子会社への訪問がある、といったイメージとなると思われます。

こうした勤務の仕方の違いは、「外出が好き。他事業所への訪問が多くても構わない」という方や、「できるだけ外出・出張が少ない方がいい」というドクターによって好き嫌いが分かれてきますね。

私自身、あまり外出して他事業所へ訪問するといったことがあまり好きではないので、現在の勤務先は、「あまり訪問先が多くない」ということで入職を希望しました。

ですので、求人票を見る際には、こうした訪問先がいくつあるのか、月に何度訪問するのかといったことを確認した上で応募することをご検討いただいた方がよろしいかと思われます。

また、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社にあらかじめ相談している場合、「できるだけ外出・出張が少ない企業を紹介して欲しい」と依頼することもできますのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました