逆流性食道炎を起こしやすいNG習慣3つ「見直したい食生活」

逆流性食道炎とは、胃液が食道に逆流し、食道の粘膜を荒らしてしまう病気です。主な症状としては、胸やけ、げっぷ、酸っぱいものが込み上げてくる感じ、お腹の膨満感、喉の痛みなどです。

Heartburn painHeartburn painHeartburn pain

この逆流性食道炎を起こしやすいNG習慣としては、以下の様なものがあります。逆流性食道炎を疑っている方、もしくはすでに診断されている方は、ぜひチェックしていただき、改善していただきたいと思います。

1) 逆流性食道炎を悪化させる食生活

逆流性食道炎は、食生活と密接に関係しています。特に、脂肪分の多いものや、甘いものをたくさん摂ると、胃酸が多く出るため、悪化させやすいです。

アルコールやコーヒー、お茶などの飲み物や、酸味の強い物なども胃酸分泌を多くする原因となるため、逆流性食道炎でお悩みの方は、避けた方が無難でしょう。

一度にたくさんの量を食べるのではなく、腹八分目の量をゆっくり食べることも重要です。

2) 食後にすぐ横になってませんか?

逆流性食道炎の対策では、姿勢や体勢も重要です。食後3時間は食べた物や胃液などの逆流が起こりやすいため、食べてすぐ横になる、寝る直前に食事をする、寝る前に消化によくないものを食べる…といったこと、避けたほうが良いです。

また、猫背や前屈みの姿勢も、お腹を締め付ける要因となり、胃液などが逆流しやすくなります。さらに、妊娠や肥満、便秘、ベルトやガードルなども、お腹を締め付ける原因となることもあります。

3) あなたに合った枕ではないのでは?

逆流性食道炎は、寝起きに症状が出やすいと言われています。日中は体勢や重力の影響で胃酸の逆流が起こりにくいですが、寝ていると、どうしても胃酸の逆流が起こりやすいからです。

そのため、少し高めな枕を使用するなどして、頭の位置を高くすると、症状の緩和に効果があると言われています。

逆流性食道炎の治療としては、胃酸の分泌を抑える薬を飲むことも重要です。生活習慣を見直しても効果がない場合は、ぜひ消化器内科を受診し、相談しましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。