専攻医での研修期間中に産業医となる上で注意したいポイント【産業医転職】

私も新専門医制度が始まる前、後期研修中に産業医となったわけですが、同様に現在専攻医での研修中、産業医になることを検討されているドクターもおられると思われます。

その理由は、人それぞれだとは思いますが、「もう臨床医を続けていくのは…」といった方や、「産業医にどうしてもなりたい、やってみたい」といった方など、少々、事情が異なるのではないでしょうか。

今回はそんな、専攻医での研修期間中、産業医となる上で注意したいポイントについて書いてみたいと思います。

臨床医に戻る可能性がある場合でしておきたい準備

私自身もそうでしたが、いずれ臨床医に戻る可能性も少ないながらありました。その時には、後期研修医に再び戻るということを考え、退職時に専門医試験で必要となる症例レポートなどはとっておりました。

同じ病院に戻るということはやはり考えづらいため、そうした症例を参照しにいくのが難しくなることが考えられたため、退職時に資料を揃えておきました。もし「臨床医に戻る」という可能性が少しでもありましたら、退職前にご用意いただいた方がよろしいかと思われます。

実際のところ私はもう戻るつもりはなく、すでに処分しましたが、念のため準備だけはしてくことをオススメしたいと思います。

退職・転職するためのスケジューリング・準備

転職活動は、当然のことながら周囲には内密にした上で進めていくことになると思われますが、その中で、「いつ、どうやって認定産業医資格のための単位を集めていくか」「転職活動でいつ頃までに内定をもらえるようにするか」といったことはまず考える必要があると思われます。

また、内定がもらえた段階で、おそらく1ヶ月程度の退職までの猶予があることがあると思いますが、スムーズに引き継ぎを行えるよう、少し前から準備を始めておくとよろしいと思われます。

退職・転職するためのスケジューリングや準備は、慣れないとなかなか難しいところがありますが、前もって進めておくことを心がけましょう。

なお、産業医求人を自分で探して応募するというのは、かなり難しいです。ですので、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社経由で紹介してもらうことをオススメします。求人先との交渉も代行してくれたり、面接対策についても色々と教えてくれたり、求人先にプッシュしてくれたりと、色々と助けになってくれますよ。

医長に退職の意思を伝える際の注意点

退職は民法の規定上、2週間前までに伝えることで可能とはされていますが、就業規則で「30日前までに」などと規定されていることもあります。民法の方が優先されますが、やはりできるだけ早めに医長へは話をすることを心がけましょう。

また、内定をすでに得ているとしても、「考え直した方がいい」「産業医なんか、上手くいくわけない」などと医長から説得される可能性もあるため、揺らがないように、「産業医になる」と意思を固めてから話をしにいくようにしましょう。

退職で心がけたいのは、「立つ鳥跡を濁さず」です。ケンカ別れは最悪ですので、口論となってしまうようなことは避けましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。