【産業医向け】事業場外で面談を実施する上において注意すべきポイント

産業保険新聞に、「読めば納得!産業医面談に向いていない場所はここ」という記事が掲載されていました。

事業場で面談を実施する場合、「会議室」「健康管理室」「産業医室 兼 面談室」などが挙げられるでしょうけども、「事業場外」で面談を実施する場合はどうでしょうか。

上の記事では、
1) 予約不要で気軽に利用できるカフェ
2) 会社付近や従業員自宅付近の貸会議室
3) 産業医が勤務しているクリニック

の中で、2) は望ましい一方、1),3)は避ける方がよろしいと指摘されていました。

1) については当然、プライバシーの確保ができず、面談者が落ち着いて話すことができない点でNG。3) については、「産業医、主治医の区別が付きづらいため、避けるべき」としています。

最近、都心ですと貸し会議室は大分増えていますね。利用できる体制が整っていれば、そうした場所を利用するのもよろしいでしょうね。

ですが、そもそも「事業場外で面談」を試みなければならない理由というのはなんでしょうか?実際、私が事業場外での面談を求められたケースですと、

・休職者で、同僚の目を気にして事業場に行くことができない。

・パニック発作を起こしてしまうため、電車に乗ることにためらいがある。

などがありました。ただ、こうしたケースでも、電話でお話を聞かせていただくだけで事足りてしまうような気もします。

もしくは嘱託産業医の先生で、「契約上の面談日以外で、急遽面談を必要としている」ようなケースでしょうか。産業医が事業場におもむくことが困難なため、診療のスキマ時間に面談をするため、クリニック近くで落ち合う、なんてことが想定できますかね。

いずれにせよ、しっかりとプライバシーには配慮して面談を行うことは重要ということですね。

付記

もしこうした産業医業務にご興味があり、「産業医をやってみたい」という臨床医の皆さん、もしくは現在、産業医で転職をお考えの先生方、私も転職時に利用させていただいた求人紹介会社である下記の二社にご登録・ご相談されてはいかがでしょうか。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

無料で親身になって相談に乗ってくださり、転職時にも大変お世話になりました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。