【新型コロナウイルス対策】手洗いの講話(講義)で使える資料

新型コロナウイルス対策の一環として、「手洗いの講話をして欲しい」と依頼され、その時に参考とした資料をご紹介したいと思います。

ちょっとまとまりに欠けてしまうかもしれませんが、「美味しいところどり」でエッセンスを抽出しますと、大体、30分程度の講話が可能と思います。

新型コロナウイルス感染症 予防と感染拡大防止方法【DL資料】 | 衛生委員会ハンドブック

とてもわかりやすく、簡潔に手洗いのコツが紹介されています。「手洗いの効果とタイミング」「正しい手洗いの方法」が該当します。

正しく手を洗っていますか? -洗い残しはここだ!- 東京都福祉保健局

手洗いの話の中で、「洗い残し」については外せないポイントだと思われましたので、探したところこちらのサイトが非常によくまとまっており、参考にさせていただきました。

新型コロナ対策がムダになる「残念すぎる手洗い」 3つの落とし穴
濡れた手は乾いた手に比べ…院内感染だより

手は洗ったはいいが、その後に手が濡れたままあちこち触るのはよろしくない、といったことも伝えておくべきかと思って探したところ、こちらの記事2つが分かりやすかったように思います。手洗いのピットフォールとして、「乾燥までが手洗い」といったことは紹介すべきでしょうね。

手指消毒手順(アルコール消毒液)
新型コロナウイルス感染症とは?|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

手洗いに関連して、アルコール消毒についても触れたいと思い、アルコール消毒がなぜ有効なのかといったことを簡単・分かりやすく記載しているサイトで、参考にさせていただきました。

以上です。
実際に講話をしてみて、
・「洗い残しを減らすためのポイント」を箇条書きにして伝えると分かりやすい。
・「洗い残しが起こる部位」質問・クイズ形式にすると、少々盛り上がる。
・「手洗いの後、不潔なままのスマホを触ると意味がない。スマホもこまめに拭いておきましょう」「手洗いの後、拭いて乾燥させるべき。髪のセットのフリで拭くのはNG」「アルコール消毒は、濡れたままではNG。乾燥させるまで15秒ほど揉み込むべき」といったピットフォール系は反応がいい。

といったことが分かりました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。