市販のニキビ薬を選ぶ上で気をつけたい4つのポイント

中高生ではニキビはできやすく、気にする方も多いと思います。ですが、「ニキビで受診」というのもなかなかしづらく、部活動や塾・予備校通いなどもあり、時間は取りづらいのではないでしょうか。
images (1)
そのような時、市販のニキビ薬などに頼るという方もいるでしょう。その市販のニキビ薬を選ぶ上で注意したい点について、米国皮膚科学会(AAD)が「DERMATOLOGISTS ADVISE PATIENTS THAT OVER-THE-COUNTER ACNE PRODUCTS CAN HAVE BENEFITS AND A PLACE ON THEIR MEDICINE SHELF」で掲載しています。

以下の4つのポイントについて、推奨しています。

1) 過酸化ベンゾイルの濃度

ニキビの原因菌を殺菌し炎症を抑える成分として、過酸化ベンゾイルがあります。製品によってその過酸化ベンゾイルの濃度は異なりますが、2.5%を超えると濃度の高さによる効果の上積みは期待できず、さらには、皮膚の刺激になる可能性があります。

過酸化ベンゾイルの含有濃度は、2.5%を超えない製品にしましょう。

2) 過酸化ベンゾイルとサリチル酸の併用について

過酸化ベンゾイルと、角質の除去に効果のあるサリチル酸とを併用することはできますが、併用によって皮膚の乾燥と刺激が生じる場合があるので、もしそのような副作用が出るようでしたら、併用を控えた方がいいでしょう。

3) 効果不明なものについて

ティーツリーオイルや亜鉛などの天然素材は、他の成分ほどの効果が証明されておりません。また、超音波ブラシの使用がニキビケアに有効かどうかも不明となっています。

このような高価のあまりないもので、高価なものは、あまり手を出さない方が無難なようです。

4) できるだけ低刺激に

スクラブはできるだけ肌刺激の少ないものを選びましょう。特に敏感肌の人は、スクラブ配合をしていないものを選びましょう。

また、クレンジングクロスはニキビケア成分を含むものを選ぶのが良い、と推奨しています。

以上です。現在では、様々なニキビケア用品が販売されています。まずは成分をじっくり読んで、不明な点については薬剤師にご相談いただき、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。