労働衛生コンサルタント(保健衛生)口述試験で絶対に答えておきたい頻出な「一問一答」形式の問題

スポンサーリンク

労働衛生コンサルタント(保健衛生)口述試験では、基本的に「○○について説明してください」という形式の問題が多いわけですが、中には「一問一答」形式の問題も存在しています。

この「一問一答」形式の問題は、いくら緊張して頭が真っ白になっていても、説明のようにしどろもどろになる恐れはないでしょう。ですので、ぜひ正解しておきたいところです。

今回は、そんな「絶対に答えておきたい一問一答形式の問題」についてまとめてみました。直前の確認にもご利用いただけますと幸いです。

Q1.許容濃度の根拠は? → A1.日本産業衛生学会の勧告

Q2.管理濃度の根拠は? → A2.作業環境評価基準

Q3.TLV(Threshold Limit Values:曝露限界)の根拠は? → A3.ACGIH(米国産業衛生専門家会議)が勧告

Q4.特定健診・特定保健指導では、40歳から74歳までの被保険者、被扶養者を対象としていますが、全年齢層を対象とした健康づくりのことをなんと言いますか? → A4.THP(total health promotion plan)

Q5.特定健診・特定保健指導の実施義務者は? → A5. 医療保険者

Q6.THPの実施義務者は? → A6.事業者

Q7.ストレスチェックは何次予防に該当しますか? → A7.一次予防

Q8.粉じんの管理濃度は、粉じん中の何によって決定されますか? → A8.遊離けい酸含有率

Q9.BEI(Biological Exposure Index;生物学的曝露指標)の根拠は何か? → A9. ACGIH(米国産業衛生専門家会議)が勧告

Q10.WBGTにおいて、気温、湿度、輻射熱以外で指標に影響する要因とは何か? → A10.気流

その他、頻出問題は拙著『まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問』に掲載しております。

よろしければ総ざらいにご活用ください。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

労コン過去問・予想問題労働衛生コンサルタント試験対策
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました