労働衛生コンサルタント(保健衛生)口述試験で絶対に答えておきたい頻出な「一問一答」形式の問題

労働衛生コンサルタント(保健衛生)口述試験では、基本的に「○○について説明してください」という形式の問題が多いわけですが、中には「一問一答」形式の問題も存在しています。

この「一問一答」形式の問題は、いくら緊張して頭が真っ白になっていても、説明のようにしどろもどろになる恐れはないでしょう。ですので、ぜひ正解しておきたいところです。

今回は、そんな「絶対に答えておきたい一問一答形式の問題」についてまとめてみました。直前の確認にもご利用いただけますと幸いです。

Q1.許容濃度の根拠は? → A1.日本産業衛生学会の勧告

Q2.管理濃度の根拠は? → A2.作業環境評価基準

Q3.TLV(Threshold Limit Values:曝露限界)の根拠は? → A3.ACGIH(米国産業衛生専門家会議)が勧告

Q4.特定健診・特定保健指導では、40歳から74歳までの被保険者、被扶養者を対象としていますが、全年齢層を対象とした健康づくりのことをなんと言いますか? → A4.THP(total health promotion plan)

Q5.特定健診・特定保健指導の実施義務者は? → A5. 医療保険者

Q6.THPの実施義務者は? → A6.事業者

Q7.ストレスチェックは何次予防に該当しますか? → A7.一次予防

Q8.粉じんの管理濃度は、粉じん中の何によって決定されますか? → A8.遊離けい酸含有率

Q9.BEI(Biological Exposure Index;生物学的曝露指標)の根拠は何か? → A9. ACGIH(米国産業衛生専門家会議)が勧告

Q10.WBGTにおいて、気温、湿度、輻射熱以外で指標に影響する要因とは何か? → A10.気流

その他、頻出問題は拙著『まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問』に掲載しております。

よろしければ総ざらいにご活用ください。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。