産業医として契約終了・クビになった時に見直したい「NGな産業医の特徴3パターン」

産業医ですと、年に1回の更新を繰り返していくという有期契約雇用がなされている場合が多いと思われます。そうなりますと、「更新されずに契約終了」という事態が起こりえます。

そんな契約終了を繰り返してしまいがちな産業医の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。もし当てはまったり、心当たりがあるようでしたら、ぜひ次回以降の転職の際にはお気をつけいただければと存じます。

報・連・相が少ない

人事労務担当者との「報告・連絡・相談」がとにかく少ないと、「あの先生は仕事してるんだろうか?」と思われてしまいがちです。たとえ仕事をしているにせよ、その情報共有をしていないと「仕事をしていない」と思われてしまいます。

求められた報告書を、形だけ整えて提出しているだけでは不十分です。また、一方的に意見書を送りつけて「あとはなんとかしてね」という姿勢もNGです。しっかりと相談しましょう。

面談や職場巡視などで得られた情報、問題点などは人事労務担当者とできうる限り連携するようにし、解決策を協議することが産業医には求められています。

面談での対応に問題がある

面談での言動に問題があり、実はその面談を受けた社員が人事にクレームを入れている、なんてこともあったりします。そうした場合、面談希望者も少なくなり、結果として「あの先生、別の産業医に変えようか」なんてことになりえます。

社員を傷つけてしまうなんてことはあってはなりませんし、やはり面談での言動にはしっかりと注意しましょう。また、上記の「報告・連絡・相談が少ない」でも書きましたが、面談ではしっかりと情報収集を行い、できうる限り人事労務担当者との連絡・相談を行いましょう。

「言われた仕事だけをこなす」という姿勢

健康経営に積極的に取り組む企業が増えてきている今、昔ながらの「決まり仕事だけやってればいい閑職」としての産業医は、やはり淘汰されていくと思われます。

そのため、衛生委員会など発言できる機会を利用して、できうる限り提案や問題点の指摘などを行うことが望まれます。

ただ、大上段に構えて「大鉈を振るう大改革」などをしろというわけではなく、日々、どのようなことを問題意識として持っていて(たとえば、長時間労働の問題や、喫煙者が多いといった問題、健康診断の有所見者の生活習慣など)、そのためにどんなことができるのか、といったことを提案すればよろしいかと思われます。

以上です。
たとえ契約更新されなくても、上記のことをご参考に振り返りはしても落ち込む必要はありません。次の職場で反省点を活かしていきましょう。

私自身も三回の転職を経験しています。転職の際は、
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談しました。再転職の際にもよく相談に乗ってくださり、オススメです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。