【海外での免許取得なし】日本人医師が海外のクリニックへ転職する方法

スポンサーリンク

医師が海外で働くということで言いますと、たとえばアメリカで「USMLE(United States Medical Licensing Examination)」という試験をクリアし、さらには研修も必要となります。当然、高い語学力も必要になります。

また、カナダであれば「Medical Council of Canada Evaluating Examination」、イギリスであれば「PLAB」などの試験突破が必須となっています。こうした高いハードルがあり、なかなか「免許を取得して勤務する」ということは困難です。

では、それ以外の方法で医師が海外のクリニックなどへ転職する方法はないかと言えば、実はあったりします。

たとえば、中国、UAEドバイ、ベトナム、シンガポールなどの国では、現地での免許を取得していなくても、一定の条件下で勤務することが可能であったりします。

その条件というのは、
・現地での医師免許申請手続き(政府から診療許可を得るための申請)と労働ビザ取得
・現地にいる日本人を対象に診療を行う。
・クリニックでのプライマリー医としての役割

といったものです。簡単に言ってしまえば、「日系クリニックで日本人を相手にプライマリー医療を提供する」というのがイメージに近いと思われます。有名なのは、上海の「上海グリーンクリニック」などでしょうか。

こうした求人はやはり人気のようで、すぐ充足してしまう傾向にあります。ですが、やはり海外の水に合わず、退職される方もいらっしゃるようです。

求人に関しては、

エムスリーキャリア

などにも稀に出ていたり、直接現地クリニックに採用が行っていることもありますので、気になる方はチェックされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました