産業医未経験のドクターが産業医になるための3つのポイント

大学を卒業し、そのまま産業医になるという方もいらっしゃるでしょうが、私を含め、臨床医の後に産業医になった、という方も多いと思われます。そして今、産業医未経験で、「産業医、やってみたい」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなドクターの皆さんが産業医になる上で、やはり「経験がない」というのはハンディキャップとなりえます。そこでそのような産業医未経験の先生方に贈りたい3つのポイントについて、今回は書いてみたいと思います。

「未経験可」が多い産業医複数体制の企業を狙う

求人の中で、「未経験可」としている企業は、産業医複数名体制のところが多いです。というのも、他の産業医による指導があるため、教育を行った上うといったことが可能なためです。

逆に、「初めて産業医を雇う」企業や、「保健師もいなく、産業医1人体制」のところは未経験の先生方を雇うことは稀と言えるでしょう。

そのため、未経験である内は、複数名体制の企業にアプローチをかける、ということになりますが、それは産業医未経験の先生方にとってもメリットがあります。やはり最初から一人で勤務するよりは、相談相手もいる職場の方が心強いですし、経験・知識を積めると思われるからです。

実際、私も産業医一人体制の企業、複数名体制の企業両方を経験しましたが、やはり複数名体制の方が様々なことを産業医として学ぶことができたと思われます。

求人の多い時期を狙う

産業医の求人が多いのは、やはり11~12月です。というのも、産業医の4月入職を希望して求人を出す企業が多いため、11~12月が比較的多くなります。

ただ、1月~3月については、すでに求人希望者と面談を実施していて「もう選定を進めている」ところが多いため、そこに割り入って書類選考からの面談に漕ぎ着けるのはなかなか厳しいものがあります。

よって、10月までには求人紹介会社に登録しておき、そこから11月、12月に本格的にエントリーしていく、というのが最も採用確率が高まると考えられます。

求人数や、「自分の条件に合った求人」というものには常に波があります。そのため、「今は希望の求人がない」ということであっても、時期をずらしたり、探し続けているうちに見つかるということもよくあります。そのため、諦めずに探し続けるというスタンスでいることも重要です。

「未経験」の時は条件を高望みしすぎない

「未経験」の内は、好条件の求人で採用を得るというのは難しいかもしれません。そのため、まずは「修行」と割り切って、あまり好条件の求人は望まず、経験を積むことを考えた方がいいかもしれません。

譲歩する部分としては、「勤務地・通勤時間」「年収」「勤務日数・勤務時間」などでしょうか。こうした部分である程度は譲歩し、まずは産業医としての一通り学ぶことを優先しましょう。

…3つのポイントとしては、以上です。
こうした点を踏まえ、まずは求人紹介会社にご登録・ご相談されてはいかがでしょうか。おすすめとしては、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

があります。いずれも私が実際に利用させていただき、内定がいただけた二社です。未経験であっても、粘り強く相談に乗ってくれました。ぜひご登録・ご相談していただければと存じます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。