産業医の採用面接をパスするための3つのポイント

産業医の採用となりますと、「書類選考→一回目の採用面接→二回目の採用面接」といった流れであることが大半です。採用面接を重視しているところも多く、さらには買い手市場ということもあり、二回の採用面接をパスするのは結構難しいです。

今回は、その産業医の採用面接をパスするためにどのようなことを心がけたらいいのか、3つのポイントを挙げてご説明させていただければと存じます。

相手は非医療者・会社員であるという認識

まずはじめに、産業医・保健師が同席することもありますが、基本的に面接の相手は非医療者、会社員であるということをご認識いただいたく必要があると思われます。

そのため、スーツ・ネクタイ、髪型などの身だしなみはしっかりしているか、言葉遣いは丁寧かといったことは十分に気をつけていきましょう。

あとはちょっとしたポイントですが、ぜひ「名刺入れ」は持参していきましょう。面接に先立って、名刺を渡されることがあります。その名刺を直接ポケットへ…というのはやはりマナー的によろしくありません。

名刺入れを取り出しつつ名刺を「頂戴いたします」と言いつつ受け取り、その名刺を名刺入れに載せておく…といったことをしておくと、一応のところマナーのなっている人なんだな、と思われるのではないでしょうか。

重要視される「コミュニケーション能力」

産業医ですと、勤務医以上に「コミュニケーション能力」が求められます。人当たりの良さであったり、質問への受け答えなどが採用時面接で見られています。

発言内容も大事であるとは思われますが、それ以上に「質問の意図は何か」ということを踏まえ、それに対して的確に答えられるかどうか、というところが重要だと思われます。

定型的な質疑応答のあと、「何か質問はありますか?」というところも、いわばコミュニケーション能力が問われていると考えておいた方がよろしいと思われます。そこで質問を投げかけ、その答えに対してどう反応するか、といったところはまさしくコミュニケーションが問われるところであると思われます。

落とされても、落ち込むべきではない理由

採用時面接で上手くアピールできて、さらには何ら大きな失敗もなく終わったとしても、それでも落とされることがあります。

そこは採用担当者の考えによるところで、「今いる産業医の先生は40代で、その先生がやりやすいようにそれより若い先生で」といったことや、「人事チームの男女比を考えて、女性の先生で」などなど、自分ではどうしようもない理由で採用が決定されることもあります。

そこはまさしく「運」であったり、「縁」といったところですので、決してあなたの落ち度などではありません。そのため、「落とされても、落ち込むべきではない」ということなわけです。

ダメだったら次があります。また、どの会社が良いか悪いかなどは、入職して実際に働いてみないと分かりません。そこはあまり悩まず、次の会社にアタックしましょう。

以上です。
上記のポイントを押さえて、ぜひ産業医の採用面接に臨んでいただければと存じます。

オススメの求人紹介会社

まずは求人数の多い
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などでご相談いただくとよろしいかと存じます。

なお、求人情報は
【東京都】医師転職支援会社のサイトに掲載されている産業医求人リスト【2019/3/16時点】
などにも掲載しておりますので、ご参考までに。

関連記事

産業医の採用面接でよくある質問まとめ

医師採用面接で質問されること/質問しておきたいこと

転職を三度経験して分かった、「産業医転職」を成功させるためのポイント


オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。