産業医の採用面接でよくある質問まとめ

産業医の採用面接では、やはり臨床医の採用面接とは大きく異なります。その理由としては、臨床医の場合は院長などの施設長、科長などが面接を行い、質問を行うことが多いですが、産業医面接の中心は、人事部などの課長・部長などが実施することが多いです。

もちろん、複数名の産業医がいる企業であれば、すでに勤務している産業医も面接に参加することはありますが、基本的には「対医療者」というよりは、「対企業・社員」での面接対策が必要になります。

また、複数回にわたって面談が実施されることが多いです。書類選考→1次面接→2次面接(場合によっては3次面接もあります)を経て晴れて採用というところが大半であり、質問も数多くなされると覚悟しておくとよろしいでしょう。

今回は、産業医の採用面接でよくある質問について書いてみたいと思います。面接前にぜひチェックしていただき、回答できるか確認をしてみてはいかがでしょうか。

1) 志望動機

・なぜ産業医になろうと思ったんですか?

・弊社を希望された動機はなんですか?

・臨床医ではなく、産業医を志望された理由はなぜですか?

・臨床への未練はありませんか?

・(産業医経験がある場合)前社を退職された理由はなんですか?

2) 経験について

・産業医として、どのような経験をされてきましたか?

・(産業医は未経験の場合)臨床医として、どのような経験をされてきましたか?

・前社ではどのような業務を行ってこられましたか?

・今までの産業医経験で、一番苦労した点、努力して成し遂げた点はなんですか?

・産業医のあるべきスタンスは、どのようにお考えになりますか?

・あなたの産業医としての理想像はどのようなものですか?

3) 入職後のことについて

・弊社は、〇〇のような特色があります。ご対応いただけますか?
→たとえば、有機溶剤を使用しており、特定健診の対象者がいて対応が可能かどうか、対応経験はあるかどうか質問されるなど。その他、「わが社にはエンジニアが多く、頑固な人も多くいます。面談などで苦労することもあるかと思われますが、いかがですか?」といったことを質問されたこともあります。

・弊社は、メンタルヘルス不調者が多くおります。(精神科医でない場合)ご対応は可能ですか?

・非医療者である社員とのコミュニケーションについて、抵抗感はありませんか?

・弊社は、〇〇に力を入れております。入職後、ご協力をお願いできますか?
→たとえば、データヘルス計画や、禁煙推進活動などに力を入れている場合があります。対応可能かどうか質問されることがあります。

・(関連会社、グループ会社が多い場合)支店などへの出張も可能ですか?

・入職後、力を入れていきたい保健活動はなんですか?

・ご入職いただけた場合、長らく勤務していただくことは可能ですか?

・現在、弊社は〇〇の問題を抱えております。ご対応いただくとしたら、どのようなアプローチを行われますか?
→生活習慣病患者が多い、メンタルヘルス不調者が多い、復職後の再休職者が多いなどの問題に対し、どのように対応すべきかといったことについて、質問されることがあります。

以上です。
ただ、企業のカラーによって、質問も結構変わりますので、できることならば人材紹介会社の「リクルート ドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などのキャリアエージェントにあらかじめ、面接前にご相談しておくことをオススメしたいと思います。実際、私も面接前には必ず、キャリアエージェントに傾向と対策については相談するようにしていました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。