医師の「産業医への転職」が難しい理由と解決方法【産業医転職】

産業医への転職を考えた際、なかなか上手くいかないということが結構あります。「何社も応募して、書類選考は通っても面接で落とされる」「最終選考には残っても、別の候補者が採用される」…などなど、私自身も何度か同じような経験をしています。

臨床医で「病院への転職」とは、やはり産業医の転職はやや趣が異なります。では、なぜ異なるのでしょうか。その理由と、産業医転職を成功させるための方法について今回は書いてみたいと思います。

売り手市場の臨床医、買い手市場の産業医

常勤産業医の場合、基本的には社員千人以上の企業が募集しており、さらには一人だけ、といったことが多いです。

よって、必然的に産業医求人の場合、買い手市場ということになります。ということは、やはり元々、産業医になるのは臨床医の場合よりも困難ということは念頭に置いておきましょう。

その点、やはり都内などの企業が募集していることが多く、地方で産業医勤務をお考えの場合も、できれば募集の多い首都圏での勤務を検討するとよろしいかと思われます。

実際、私も元々は関東のとある地方で勤務医をしており、「近辺で産業医できないかな?」と思って求人を探してみましたが、やはりほとんどないことに気付かされました。そのため、やはり通勤可能な範囲を近県、東京都心部へと広げて求人を探しました。

未経験という壁

産業医の場合、経験のある/なしが大きな壁となることがあります。未経験ですと、なかなか決まらないということがあります。

その点、嘱託産業医を経験してみるというのも手です。「いきなり常勤」での採用がなかなかしてもらえないようでしたら、まずは嘱託で経験を積むというのもいい手であると思いますし、実際、そのようなことをやっておられた元麻酔科医のドクターもいました。

希望条件の見直し

求人で、ついつい高望みしている場合、なかなか決まらないということがあります。その点、少し譲歩してみる、ということも転職では必要です。

上記のように、通勤可能エリアを広げてみたり(もちろん、通勤時間は長くなってしまいますが…)、希望年収を下げてみたり、希望の勤務日数が週4日のところ5日もOKにしてみたり…などなど。

今後、産業医としての経験を積んでいけば、また転職した際に好条件を狙えばいいわけで、まずは「経験を積む」ことを重視して希望条件を譲歩する、ということも場合によっては必要かと思われます。

以上です。
やはりご自身で産業医の転職先を探すのはなかなか厳しいものがあります。特に臨床を続けながら転職活動というのは、私も経験がありますが、ただでさえ大変です。

その点、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社に相談しておきますと、タイミングを逃さずに求人情報を教えてくれますし、転職活動自体をサポートしてくださいます。

もし転職活動に行き詰まっていたり、求人情報がなかなか集まらないようでしたら、まずはご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。