「医系技官」の応募は6月と11月の年2回です-応募資格、試験について

医系技官とは、「専門知識をもって保健医療に関わる制度づくりの中心となって活躍する技術系行政官」のことであり、医師もしくは歯科医師の行政官のことを指します。

応募資格

応募資格としては、「日本国籍を有する医師・歯科医師」となっていますが、
・平成16年4月以降に免許取得した医師
・平成18年4月以降に免許取得した歯科医師
は、臨床研修を修了している必要があります。

試験について

試験は、前期試験6月及び後期試験11月の年2回実施されており、応募期限は前期5月末(2018年は5月28日)、後期10月末(2018年は10月28日)となっています。ただし、後期については実施しないことがあるとのことで、それは7月発表されます。

応募には、
1)履歴書
2)緊急連絡先等登録票
3)推薦状2通
4)医師(歯科医師)免許証の写し
5)小論文
が必要だそうです。推薦状も必要なんですね。誰に書いてもらうか、とても重要ですね(笑)

試験内容としては、
・小論文(事前提出)
・一次試験(グループディスカッション、面接等)
・二次試験(面接)があります。

合格率

気になる合格率ですが、公表されていません。少なくとも合格者数などについても、公式HP「医系技官情報-厚労省」には記載されていないですね。

なお、「定員は、受験年次ではなく、卒業年次ごとになっているため、同時に受験している人たちの全てと競争しているわけではありません」(医系技官という希少種)とのことであり、合格率や採用人数も毎年一定ではないようです。

試験対策

医系技官を検討中の方を対象として、
公開勉強会
厚生労働省職場体験実習(インターンシップ)
が開催されています。こうしたところに参加し、自分の適性を考えたり、情報収集の場にされるとよろしいかと思われます。

関連記事

「医系技官」になる方法と注意点-応募方法や給与・利点など


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。