医師が「未経験科目でバイトしたい」という希望を叶えるために行いたい3つのポイント

医師が常勤の傍らにバイトをしようと思った時、まず思いつくのは「専門科目で外来」といったことではないでしょうか。当然、専門知識をお持ちの科で外来をするのが一番手っ取り早い方法ですが、中にはそれ以外の科目で働いてみたい、という先生方もおられます。

たとえば、「今まで麻酔科医として勤務してきたけども、産休・育休明けだし、いきなり麻酔科医として復帰するのはツライ。未経験だけど、内科外来を担当したい」といったご希望の女医さんもおられるわけです。現に、今まで麻酔科医として働いておりましたが、現在は嘱託産業医をしているという女医さんもおられます。

ですので、「未経験じゃ無理ですよね」と最初からあきらめるのではなく、まずは求人があるか探してみましょう。また、その希望を叶えるために行うべき3つのポイントについて、今回は書いてみたいと思います。

1) 「新たな分野を学びたい」という低姿勢で

未経験の分野ですと、やはり一から学びなおすこともかなり多いです。そのため、「新たな分野を一から学び直したい」といったことを意思表示し、求人先に訴えることがある程度は必要だと思います。

そこで「初期研修でちょっとかじった」などと毒にも薬にもならないような経験について言うのではなく、正直に「一から学びたい」といった姿勢を示し、アピールするようにしましょう。

2) 時給・勤務地である程度、譲歩してみる

未経験の上、さらには「高時給、自宅近くで」などという条件ですと、やはりなかなか求人はないものです。そこで、時給面・勤務地で譲歩してみると応じてくれる医療機関はあったりします。

もちろん、経験を積んだ後に時給面、通勤面でよりよいところを選べばいいわけであり、まずは「未経験を脱する」ことが重要です。

3) 人材紹介会社に希望を伝えた上で相談

人材紹介会社に希望を伝えた上で相談しますと、医療機関などに相談し、交渉してくれることがあります。そのため、まずはしっかりと人材紹介会社の担当者と相談をしておきましょう。

バイトにおけるオススメの人材紹介会社としては、
医師バイトドットコム

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などがあります。まずはこうした会社に登録・相談をしてみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。