「雇われ院長」になるメリット・デメリットとはー開業をお考えの先生にオススメ

医師求人情報を見ていますと、「クリニックの院長募集」といった求人があったりします。いわゆる「雇われ院長」募集の求人ですが、実質、分院を展開する上で院長募集をするという意味ですね。

その母体は、繁盛したクリニック、もしくは病院であったりします。そうしたクリニックの院長になった場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか、今回は書いてみたいと思います。

メリット

1) 勤務医よりも高額年収(院長手当)
2) クリニックなので当直・オンコールはない。
3) 経営破綻したとしても、負債はない。
4) 開業資金を自分で出す必要がない。
5) 開業を考えている場合、クリニック経営についての勉強になる。
6) クリニックの継承問題などを考える必要がない。

デメリット

1) クリニックにおける医療上の法的責任を負う。
2) 人事労務管理や経営、医師会との関係など医療以外の業務が多くある。
3) 勤務医と比べ利益重視であり、経営努力を求められる。
4) 勤務医と比較し、自己都合退職がしにくい。
5) 勤務医と比較し、突発での休暇取得をしにくい。

以上です。
メリット、デメリットの両方について言えることですが、開業志向の強い方にとって好都合な求人であると言えるでしょう。開業を視野に入れ、「いきなりの開業は不安」という先生にはオススメです。

その一方で、診療以外の業務をどの程度行って欲しいのか(人事労務管理、経営、医師会との付き合い)といったところはどこまで求められるか、求人側と相談することはできると思います。

いきなり全てをやろうとはせず、徐々にできる範囲を広げていく、という働き方もできると思うので、ご相談なさってはいかがでしょうか。

求人については、
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア
などで募集されています。登録してご相談なさってはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。