医師の採用面接での注意点!「上から目線」な言動・態度にご注意を

医師の採用面接で、特に年配の先生方に多いそうですが、「上から目線」な発言・態度がマイナス点となっていることがあるそうです。それなりの地位・キャリアにある先生が転職活動をなさる際、そうした言動・態度が知らぬ間に出てしまってる、なんてことがあります。

「上から目線」の実例で言うと、電子カルテが導入されてないと知るや否や、「なんで導入されてないんだ」などと言ったり、診療システムや診療状況について、つい口を挟みたくなり、「そんなことをやっているのか」などです。悪気はなくても、ついつい口走ってしまい、同席しているキャリアエージェントがヒヤヒヤしている、なんてこともあるそうです。

たしかに、「先生をお迎えしたい」という立場の医療機関としては、そのような言動・態度はマイナスにはなっても、プラスにはなりません。ほぼ横並びの候補者がいる場合、落ちてしまう、ということにもなりかねません。

あくまでも採用面接を受ける側なのだということを肝に銘じたほうが良さそうですね。また、最近の傾向として、キャリアや肩書きよりも、「コミュニケーション能力」「スタッフとの連携」「後進を育てる」といったことを求めていることもあり、「上から目線」な言動・態度はご注意いただいたければと思います。

また、入職した後も、スタッフとの軋轢を生じる可能性があり、居づらい環境にはしないためにも、できるだけ相手の立場などに配慮し、コミュニケーションをとられることが望ましいですね。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事