医師転職でもやってはいけない職歴改ざん-確実にバレますよ

転職を短期間に繰り返していると、やはり雇い入れ側からすると、印象がよろしくないのはたしかです。その上、産業医-臨床医の間を揺れ動くかのように転職していると、「どっちつかず」「すぐ辞めそうだな、この先生」などと思われてしまいます。

そこで、つい「ここは3ヶ月しかいなかったし、職歴に書かなくてもいいかな」「産業医求人だから、ここで一度臨床医に戻ってるのは、隠しておこう」などと軽い気持ちで履歴書の職歴を改ざんするのはNGです。確実にバレます。それが発覚した場合、最悪の場合、クビや契約終了を言い渡されることもあります。

何故なら、首尾よく内定をもらって、いざ入社手続きというときに、雇用保険や社会保険の履歴から発覚してしまうわけです。後々に発覚してしまうよりは、履歴書で書いておき、「面接の場でツッコまれたら弁明しておく」といった方がマシであると思います。

一般的には、「3ヶ月経たずして転職している」といったことは、特に産業医求人において不利になる可能性が高いです。そのため、できることならば、イヤイヤながらでも3ヶ月は我慢したほうが得策であると考えられます。

あと、転職が「クセ」になっている人は、ひとまずここで落ち着きましょう。少なくとも、1年で2度3度と転職を行っている場合、要注意です。しっかりと求人先を選定し、応募するようにしましょう。

転職を行うと、そのことは職歴として残り、後々までつきまといます。安易な転職は行うべきではなく、行う際には考えた上で実行しましょう。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事