IARC発がん性リスク一覧の分類の特徴について(労働衛生コンサルタント 口頭試験対策9)

WHOの一機関である国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer, IARC)は、人に対する発がん性に関する、様々な物質・要因を評価し、5段階に分類している。

発がん性があるかどうかの「根拠の強さ」を示したものであり、発がん性の強さや暴露量に基づくリスクの大きさを示したものではない。つまり、発がんのリスク評価ではなく、ハザードの同定を行っていものである。

分類にあたっては、
1)疫学調査など人での発がん性データ
2)実験動物での発がん性試験などの証拠 
3)その他関連情報 
3点を評価し、それぞれの証拠の確からしさにより人への発がん性を総合評価している。

グループ1(ヒトに対する発癌性が認められる)、2A(ヒトに対する発癌性があると考えられる)、2B(ヒトに対する発癌性が疑われる)、3(ヒトに対する発癌性が分類できない)、4(ヒトに対する発癌性がおそらくない)の5つに分類されている。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事