労働衛生コンサルタント試験対策

労働衛生コンサルタント試験対策

「労働衛生コンサルタント 口述試験」の想定問題に対する答えを作成する上で注意しておきたい3つのポイント

「労働衛生コンサルタント 口述試験」の主な勉強としては、想定問題に対する答えを作成し、覚えることであると言っても過言ではないでしょう。ですが、その答えを作成する上で、注意しておくべきポイントがあります。 そのポイントを押さえずに答え...
労働衛生コンサルタント試験対策

産業医の実務経験がない「ペーパー産業医」のための労働衛生コンサルタント試験 口述試験対策方法

産業医の資格はあるが経験がない、ペーパードライバーならぬ「ペーパー産業医」の先生方も、労働衛生コンサルタントを目指される方も少なからずいらっしゃいます。 そうした先生方の場合、2つの意味でやはり足かせとなることがあります。それは、 ...
労働衛生コンサルタント試験対策

「労働衛生コンサルタント試験 口述試験」対策で行っておくべきイメージトレーニングのコツ

「労働衛生コンサルタント試験 口述試験」は、面接での口頭試験となります。そのため、筆記試験とは異なり、見なおしたり、書き直し(やり直し)ができない試験となっています。 よって、筆記試験よりも緊張を伴いますし、「頭が真っ白になってしま...
労働衛生コンサルタント試験対策

「労働衛生コンサルタント試験口述試験」受験者が陥りやすい2つの「誤解」

「労働衛生コンサルタント試験の口述試験」を受ける際、多くの受験者が陥っている誤解が実は結構あります。 その誤解がある故に、不合格になっていらっしゃる方も多いため、試験を受ける前にそうした誤解をしていないか、ぜひチェックしていただきた...
労働衛生コンサルタント試験対策

まずはコレ!おすすめの「労働衛生コンサルタント口述試験」の勉強の始め方

産業医の先生方で、次のステップとして「労働衛生コンサルタント(保健衛生)」を受験してみようとお思いの方も多いのではないでしょうか。ただ、テキストらしいテキストもなく、範囲もかなり広いため、「どこから手をつけていいものやら…」とお悩みの先生方...
労働衛生コンサルタント試験対策

作業環境許容濃度 TLV(Threshold Limit Value)について

TLVとは、ほとんどすべての作業者が毎日繰り返しばく露しても有害な健康影響が現れないと考えられる化学物質の気中濃度である。TLVには、以下の3つのカテゴリーがある。   1) TLV-TWA(Time-Weighted Average)...
労働衛生コンサルタント試験対策

NOAELとLOAELの違い

NOAEL(No observable adverse effect level):無有害作用量あるいは無毒性量のこと。ばく露群と適切な対照と比較した時、量的あるいは質的な悪影響(形態学的、機能的能力、寿命の変化など)が生物学的あるいは統計...
労働衛生コンサルタント試験対策

空気中の有害物の捕集法について

ろ過捕集法:ろ紙により試料空気中の粒子を捕集する方法で、鉱物性粉じんの捕集に用いられる。   固体捕集法:吸着剤により試料空気中の蒸気を捕集する方法で、有機溶剤の捕集に用いられる。   液体捕集法:試料空気を液体に通し、溶解、反応等...
労働衛生コンサルタント試験対策

空気清浄機/除じん機の種類と特徴について

重力沈降式除じん装置:粉じんの自然落下を利用して粉じんを除去する除じん装置である。粉じん量が極めて多く、かつ粒径の大きい粉じん(50 μm以上)を含む空気を清浄化する際に、サイクロンなどの空気清浄装置の前置き装置として用いられる。   ...
労働衛生コンサルタント試験対策

有害物質と尿中の暴露指標について

トリクロロエチレン:トリクロロ酢酸   クロロベンゼン:4-クロロカテコール   スチレン:マンデル酸   鉛:デルタアミノレブリン酸   トルエン:馬尿酸   キシレン:メチル馬尿酸   ノルマルヘキサン:2,5-...
タイトルとURLをコピーしました