病院が「介護施設」になる日-引く手あまた・高額報酬の訪問診療医になりませんか?

今年7月、厚生労働省の医政局、保険局、老健局が3局合同で「療養病床の在り方等に関する検討会」を発足しており、その中で「慢性期の医療ニーズ」に対応することが課題として上げられています。

慢性期病床などが増えるのかと思いきや、地域医療構想の名の下、今後10年で少なく見積もっても7万床弱の慢性期病床の削減が求められています。地域医療の再編・改革が行われ、統廃合が進んでいくものと考えられます。

療養病床再編の余波は、一部の一般病床にも広がりを見せると考えられます。すなわち、慢性期病床・慢性期患者の受け皿は減り、患者さんはあふれてしまうということになります。結果、その患者さんたちは介護施設や、自宅療養へと流れていくと思われます。

そこで、現在でも引く手あまた、高額報酬で管理・運営者の求人が出されている「訪問診療医」という選択はいかがでしょうか。超高齢化社会ということもあり、将来的にもニーズは増える一方です。

ただ、「勤務医続けてれば、訪問診療なんかできるだろ?」と軽く考える方も多いかもしれませんが、実はそこに大きな落とし穴があります。お年寄りである患者さんや、そのご家族とのコミュニケーションを円滑にとりつつ診療を行うには、経験とコツが要ります。一朝一夕でできる、と考えるのは甘いでしょう。

そのため、まずはすぐに訪問診療を開始するのではなく、非常勤としてバイトを始めてみるというのも手です。実は、これは訪問診療を開始する前に開業医の先生が多く行う方法でもあります。

もし訪問診療に興味があるのならば、
医師バイトドットコム
リクルートドクターズキャリア
エムスリーキャリア
などに登録し、まずは非常勤として働いてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。