60歳で「定年」を迎える医師のキャリアプラン-50歳から早めに手を打つのが肝心です

60歳前後で定年される場合、その後のキャリアをどうすべきか、お考えになったことはありますでしょうか。そのまま現在の勤務先で働くか、それとも「健康な内は働き続けることができる」場所に早めに移るのか、多くの皆さんが選択されるわけです。

キャリアプランの最後の分岐点でも、やはり何を重視するかで大きく変わってきます。収入重視なら、透析の管理や、訪問診療でしょうか。

さすがに訪問診療で、「夜間も対応」というのは年齢的に厳しいとお考えの先生もいらっしゃるでしょうが、昼間のみでの勤務というのも十分可能です。訪問診療は、超高齢化社会ということもあり、求人数は比較的多いですね。

マイペースでゆったり勤務、ということになれば、リハ・療養型施設などになります。また、産業医として活躍する先生方もいらっしゃいます(特にメンタルヘルスの問題が昨今では注目され、精神科の先生の転身など、期待されるところです)。

意外と選択肢は多いんじゃないかと思われるかもしれませんが、やはり年齢や仕事内容などを考慮すると、40~50代の先生方と同じように求人数があるとは言えません。

とくに老健施設長などは、年収も良いですが、一方で求人数は限られています。好機を逃さないように、人材紹介会社サイトをチェックしておく必要があると思います。他の年代と同じですが、やはり人材紹介会社などを複数利用し、早い内から情報を手に入れておくべきだと考えられます。

リクルートドクターズキャリア
エムスリーキャリア
民間医局
などの求人数の多いサイトをチェックしておくと良いでしょう。

とくに、「40代50代60代の医師転職ドットコム」という高年齢医師向けの転職サイトもあります。定年後の医師転職ノウハウも多くお持ちのキャリアエージェントがいらっしゃるでしょうから、相談されるのも良いかも知れませんね。

50代のできるだけ早い内から手を打っている先生方が、その後の人生も思い通りに過ごされているようです。「定年後に考えれば良いや」ではなく、早い内からのキャリアプランをお考えになり、キャリアエージェントと相談すると良いと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。