「定年後も医師として働く」ために産業医を選択する上での注意点【産業医転職】

スポンサーリンク

日経メディカルの「勤務医は定年後、どう身を振るべきか?」という記事の中で、「65歳になって定年を迎えた勤務医」がどう働き続けるかについて書かれていました。

その中で、「定年後の医師から人気なのが産業医」とありましたが、果たしてそうなんでしょうか?実はそうとも言えない落とし穴があります。

というのも、常勤産業医のことをこの記事内で指しているようですが、基本的に常勤産業医も定年を設けているところもあります。ですので、「60歳ないし65歳で定年」と年齢で切っているところもあるわけです。ただ、「雇用延長」制度が設けられているところもあり、働きようによっては長く勤務できる、というところもあります。

こうした「定年」が設けられている企業もあるということについてはご注意いただければと思います。もちろん、定年のある企業に「65歳から入職」というのも無理な話でしょうから、求人の幅としては狭まるのはたしかだと思います。

しかし、産業医の定年を設けていないところももちろんありますので、そうした企業を探して産業医に、ということならば可能であると思います。

もし定年後に産業医を、ということでしたら、求人を探す上で「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社にご相談なさることをオススメします。

もちろん求人情報提供、面接でのアドバイスなども無料ですので、まずはご気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました