シニアドクターの再就職で病院側が求める医師の特徴「接遇の良い医師」

スポンサーリンク

60代、定年後も働き続けたいと考え、就職を検討されている先生方もいらっしゃるかと思います。そこで、求人先を探したり、人材紹介会社に頼ってみたものの、採用を見送られてしまう…という悲しい憂き目に遭わないようにするには、どうしたら良いのかについて考えてみました。

シニアになっても、病院側に求められるドクターはいます。その人の特徴としては、「第一に接遇」だそうです。要は、患者さんやスタッフに対して、適切な態度・接し方、言葉遣いができるかどうか、ということだそうです。

要は、スタッフ・患者さんへの乱暴な言葉遣いや、冷たい対応をせず、ご家族への説明もしっかりとできるような接遇のしっかりとした医師が求められているようですね。

特に大都市にある民間病院・クリニックでは、接遇を重視します。ただ、こちらに関しては一朝一夕でなんとかなる問題ではないので、普段からの心がけが重要で、患者さんへの接し方を日頃から気をつけていくことが重要ですね。

次に、シニアドクターの雇用ということになると、病院側は、経験値の高さ、対応力の幅広さなどを求めるところもあります。採用面接の場では、どんな経験を積んで、どのようなことに対応できるのか、といったことをアピールできることも必要だと考えられます。

そのためには、今までの職場で、どのような役割で、どのような業務を担っているのか、といったことをしっかりと把握し、ご自身の経験について語れるようにすることを、面接前に練習することが大切ですね。

なお、シニアドクター向け専用の転職サイトというのもあります。「40代50代60代の医師転職ドットコム」に登録し、ご相談されることも助けになると思われます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました