初めての転職活動を躊躇してしまうのは「知らない、分からない」から【医師転職】

スポンサーリンク

私は後期研修の時に転職活動を始めたわけですが、やはりその一歩がなかなか踏み出せずにいました。

初期研修で勤務を始めた病院で、そのまま後期研修に突入したことで他の病院のことも分からず、なおかつ転職活動がどんなものかも分からなかったので、イメージがつかなかったというのがその躊躇の主な原因であったと思います。

知らないこと、分からないこと、イメージがつかないこと…はやはり怖いもので、やはり「なかなか一歩を踏み出せない…」ということになるのだと思います。

また、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの会社に一度求人を紹介してもらったら、「転職しないといけないのでは」などと誤解をしていました。実際は「やはり転職するのをやめました」と言うことも可能で、そこで無理強いされることなどもありません。

私が「あ、転職活動ってこういうものなんだ」と思えたのは、転職エージェントに希望条件を伝えて、求人票をもらったときです。要は、希望条件に沿った病院なり、産業医であれば企業であったりするわけですが、そのような求人を出しているところの雇う側の条件が記載されたものです。

そうした求人票を見ることで、「なるほど、相場はこのぐらいか」といったことが分かったり、「この通勤エリアではこのぐらいの求人を出している病院があるのか」といったことが分かります。

もちろん、この時点でも引き返すことが可能ですので、もし「転職活動で躊躇してしまって、一歩踏み出せない…」ということでしたら、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談、求人票を送ってもらう…ということまでやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました