初めての「臨床医→産業医」となる転職でハマっていた落とし穴【医師転職】

私は後期研修医時代に勤務継続が困難となり、退職しています。その後は転職活動期間をしつつ、スポットバイトを行うという生活をしていました。

常勤産業医として転職を行おうと考えていたわけですが、なかなか上手くいかず、退職したことを後悔していたように思います。そもそも応募しようにも、近隣の企業で未経験可の産業医募集をしている求人がありませんでした。

そんな中、以前に登録していたリクルートドクターズキャリアのキャリアエージェントさんが久しぶりに「転職活動、いかがでしょうか?」と近況について話を聞いてくれたことで、「実は…」と常勤産業医での入職を目指していること、また住んでいる近くの企業を探しているが未経験可の求人がないことを打ち明けました。

その時、転職エージェントさんが「おまかせください。求人リストをお送りします」と言ってくださった時には思わず「え?求人、あるんですか?」と聞き返してしまったように思います。

結局のところ、やはり住んでいた近くでは見つからず、隣県へ通勤する必要があると判明したわけですが、それでも「地獄に仏とはこのことか」と思ったのを覚えています。その時には気づいておりませんでしたが、

・常勤産業医を必要としている企業は、基本的に社員数1000人以上の大企業。

・必然的に、地方ではあまり大企業はなく、首都圏に求人は集中している。

・未経験可の産業医求人は、複数の産業医が勤務している企業あるいは経験豊富な産業保健師が常駐しているような企業

といった条件であるわけです。知らないというのは怖いことで、そのままの条件で求人を探し続けていたら…と思うとゾッとします。やはり、転科や臨床医→産業医という転職を行う上では、転職エージェントなどのガイド役、相談役に話を聞くことが重要だな、と思った次第です。まるで落とし穴にハマったまま出られなくなっている状態だったわけです。

もし臨床医から産業医への転職をお考えということでしたら、肩肘張らずに、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してみるということをしてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。