「医師なら誰でも入れる」と信じて日本医師会に入会しようと思ったら拒否されたという話

以前、産業医として勤務していた企業を退職し、現在は社会保険なし(週3日勤務)という契約で常勤産業医として勤務しています。

そろそろ前の会社の任意継続が切れるということで、医師会に入会し、医師会の健保に入らせてもらおうと思ったわけですが、ここで思ったのとは丸っきり違った結果に陥っています。

そもそも「日本医師会入会のご案内|日本医師会」を見ますと、「医師であれば、専門等に関わらず入会することができます」とあり、誰でも入会できるのかと思いきや、実はそうではありませんでした。

というのも、入会方法が、
地元の医師会(郡市区医師会または大学医師会など)ならびに都道府県の医師会に入会

その上で、日本医師会への入会の手続きを行う。

ということになっています。そこで、まずは東京都医師会に入会しようと思うわけですが、その前に地域の「郡市区医師会」に入会する必要があります。そこで、担当エリアの医師会に電話したところ、「産業医のみでは入会を認めておらず、診療所もしくは病院での勤務をしている必要があります」とのこと。

どうやら、知り合いのクリニック院長に「名義貸し」をしてもらい、入会している産業医もいるそうですが、私にはその地域に知り合いの医師はいません。

そこで、非常勤医師をしている病院に「地域の医師会に入会したい」と申し出たところ、「現在は常勤医でも入会が厳しく、非常勤医師はお断りしています」とのこと。

つまりは、「郡市区医師会」への入会時点でお断りをされてしまっているという状態です。「医師であれば、専門等に関わらず入会することができます」とはありますが、ここでいう「医師」とは、病院ないし診療所勤務の勤務医、もしくは開業医という意味であり、つてもない産業医ですと、なかなか入会は困難という結果になりました。ツテもコネもない産業医は医師にあらず、とでも言われているよで、悲しかったです。

ちなみに、日本医師会にこうした事情を説明し、問い合わせをしたところ、「郡市区医師会には独自の選抜基準があり、それに従ってください」と、にべもない返答でした。

このような状態に陥らないためにも、「勤務医の時点で医師会に登録しておく」ということが重要だと改めて思いしらされました。悔やまれるばかりです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。