抗癌剤治療中の方との面談で「よくよく話しを聞いて」復職を見送ったケース【産業医マニュアル】

大腸癌の術後の方で、抗癌剤治療を開始して間もなくの社員さんが「復職したい」ということで面談にいらっしゃいました。当初は、食思不振や倦怠感はあるものの、「復職はできると思う」とのことで、「まぁまぁ、これなら免疫抑制に気をつけつつ復職できるのかな」と思っておりました。

ですが、よくよく話を聞いてみますと、「食事は、朝・昼は食べる気がせず、夜だけ。しかも量は少ない」「倦怠感で、ほぼ自宅から出ていない」とのこと。

やはり、「食欲低下」「倦怠感」という言葉だけだとなかなか実態が想像できず、「何をどれだけ食べているのか」「倦怠感はどの程度なのか(ほぼベッドにいる、自宅で安静にしているなど)」といったことを具体的に聞いていかないといけないな、と改めて思った次第です。

次第に症状は落ち着いてきているとのことで、再面談の予定をセッティングし、改めてそこで復職について相談することにしました。あまり具体的に話を聞かずに復職OKとしていたらまずかったかな、と思った面談でした。

なお、抗癌剤治療で言えば、やはりこの時期「免疫力低下で、コロナが怖い」という方もおられます。その点、接客が多い職種だとどういった内容で、どの程度の就業制限が必要なのかといったことを本人・人事側と話し合うことも多いです。

そうした点からも、インフルエンザ・COVID-19の感染拡大が懸念される今年の冬はなかなか抗癌剤治療中で勤務されておられる方にとっては厳しいな、という次第です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。