「臨床に向いてないから産業医」という選択はありなのか?【産業医転職】

私自身も、後期研修までは内科の臨床医として勤務していましたが、途中で「臨床に向いてない」と思い直し、産業医の道を選んでおります。

そこで改めて「臨床に向いてないから産業医」という選択はありなのか、なしなのか考えてみましたが、ちょっとそこには注意すべきポイントがあると思ったため、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

実は、「臨床に向いていない」という理由にもいくつかあると思うのです。具体的には、

1) 深夜の電話対応・呼び出し、オンコールや当直、救急対応などの業務に向かないタイプ。
2) とにかく対人関係に難ありで、無神経な発言などで患者や医療スタッフを怒らせてしまうタイプ。
3) 上司、看護師、コメディカルなどと協調して勤務することが困難なタイプ。

などです。

大別すれば、1) のようなQOML重視タイプのドクターか、2)や3) のように人間関係で苦労しているタイプのドクターかといったことで「臨床医に向いていない」という原因が分かれてくるように思います。

では、産業医に向いているタイプかどうか、といった観点からすれば、1)のQOML重視派のドクターであっても、人間関係をそこそこ上手くやっていけるタイプであれば、問題はないと思います。

一方で、2)、3)のような人間関係で問題を起こしてしまうタイプですと、企業内で上手くやっていくことはちょっと厳しいかもしれませんね。

ですが、そうしたタイプであっても許容してくれる(言葉は悪いですが、”うるさいことを言わなければ、産業医がいれさえばいい”というタイプ)の企業もあったり、また、トライアンドエラーを繰り返して「人間関係を学んでいく」ことである程度は矯正も可能なように思います。

このように、「臨床に向いてないから産業医」と安易に考えて産業医になろう、という方はちょっと気をつけておいた方がよろしいかもしれません。

もし現在、産業医への転職をご検討中でしたら、「リクルートドクターズキャリア」などにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。特に未経験の方は、産業医の実際などを知るため、相談しておくことをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。