未経験の産業医も「一症例ずつ」大切にすることでレベルアップできます

「誰でも最初は未経験」なものですが、私も産業医になりたての頃は「どうしたもんだろうか…」と悩むことが多かったです。

認定産業医資格をとるための講習を受けた後、すぐに常勤産業医として勤務しました。今考えると、先輩産業医のいる企業に勤務すればよかったのですが、あいにく産業医1人だけの状態でしたので、1つずつ経験して学んでいく状態でした。

幸いなことに、ベテラン保健師さんがいるところだったので、「こうしてみてはどう?」と指導に近い提案を受けられました。それもなかったら…と思うと後ろ寒いところがありますが、そんな形で産業医業務に従事しておりました。

研修医が患者さんを診て覚えていくがごとく、一人ずつ社員さんと密に接することで学んでいくことができます。かなり個性的な社員さんが多く、ときには厳しい言葉を言われることもありましたが、今となっては貴重な経験であったと思います。

未経験の産業医である場合、一番はやはり産業医が複数いる体制の企業をオススメしたいと思います。そこで指導を受けることはやはり貴重な体験だと思います。

ですが、それが難しいようでしたら、「一人ずつ、社員さんとしっかり向き合う」「上司や人事と協調し、話し合う」といったことを行い、真面目に産業医業務に取り組むことで、確実にステップアップは可能であると思います。

最初は右往左往としてしまうでしょうが、2年目になるとようやく慣れてきます。3年目になると、「同じような人、いたなぁ」「こんな場面、他にあったなぁ」と思えるようになってくると思います。

未経験であっても、もし産業医という仕事に興味があるようでしたら、ぜひ飛び込んでみてもらいたいと思います。もし未経験で産業医になろうとお思いでしたら、「リクルート ドクターズキャリア」といったキャリアエージェントさんにご相談いただければと思います。私も最初の就職の際、お世話になりました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。