主治医の「復職可能」と判断した診断書は鵜呑みにできない理由【産業医マニュアル】

メンタル疾患で休業中の社員がいて、復職するにあたっては主治医が「復職可能」と判断した診断書を提出してもらう企業が多いのではないでしょうか。

その後、産業医が復職可否を判定する面談を行う、という流れになっていくわけですが、やはりその診断書を鵜呑みにはできません。というのも、全員が全員というわけではありませんが、「患者が復職できるって言ってるんだから、復職可能だ」という主治医の先生方が少なからずいらっしゃるからです。

患者の言いなりになっている、とは申しませんが、やはり患者の希望に背いて「休業継続」とはなかなか言えないという事情があるようです。結果、「復職可能」という診断書を持参した社員と面談を行い、「え?この状態で復職可能と判断されたの?」と驚いてしまうケースも少なからず存在します。

「生活リズムも全く整っておらず、睡眠時間もまちまち。日中、毎日のように昼寝をしてしまっている」様子だと、まだまだ復職は難しいでしょう。そんな状態で「復職可能だ」と思っている社員さんも少なくなく、そのことを指摘されてようやく「それもそうだ」と思い直すなんて場合もあるわけです。

ですので、たとえ主治医が「復職可能」と判断した診断書を書いていたとしても、しっかりと復職に足る快復状況にあるのかは確認すべきであると思われます。それでも強硬に「自分は復職できる、主治医のお墨付きもあるんだ」という社員さんがいたら、まずは「生活記録表」をつけてもらいましょう。

「生活記録表」とは、朝起きてから夜寝るまで、どのようなことをして一日過ごしてらっしゃるか記録するものです。それにより起床時間、就寝時間、トータルの睡眠時間、日中の活動量などが分かります。さらには、それと同時に会社近くまで来て、会社もしくは周囲の図書館などでデスクワークの練習をするといった「通勤訓練、出社訓練」をやっていただくといいでしょう。

およそ1~2週間、そうした記録および訓練を実施していただき、本当に出社できるかどうか確かめる、といったことができます。

ご自分、そして主治医が「復職できそうです」という言葉は信じたいのは山々ですが、すぐに「やっぱり無理でした」と再休職してしまうようでは、その社員がしんどいだけではなく、会社にとっても不利益をもたらします。それよりはしっかりと休養し、再休職しないように復帰していただく、という段階まで待っていただくべきであると思われます。

もしこうした産業医業務にご興味があり、常勤産業医を目指されるようでしたら、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

マイナビDOCTOR

といった紹介会社で求人情報を調べることができます。ぜひ複数ご登録いただき、より良い求人条件の施設にご応募いただければと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。