外務省で医務官(外務公務員医療職)として働く方法-募集するタイミング、応募資格、選考方法は?

外務省では、アフリカなどの発展途上国にある日本の在外公館で、医師として診療を行う医師を募集することがあります。こうした外務省づけの医務官を、「外務公務員医療職」と言います。

基本的に、こうした医務官は、現職の医務官が退職されるなどの欠員が出た際、応募を募集しています。ですので、不定期であり、こまめにチェックしていたりしませんと、見逃してしまう可能性があります。

募集している際には、外務省のホームページである「医療職募集」に掲載されています。

応募資格については、「外務公務員医療職募集」に掲載されています。
・日本国籍を有しかつ外国籍を有していない者であり、日本国の医師免許を取得している者
臨床経験10年以上でプライマリーケアに対応しうる内科、外科、精神科等の医師
・一定の語学力を有する者(英語の日常会話ができる)
なお、定年は65歳未満であるため、それより上の医師ですと採用は難しいでしょうね。

勤務先は、「アフリカ諸国等開発途上国所在の日本の在外公館」です。身分・待遇としては、「国家公務員医療職」となっています。

選考内容としては、書類審査、筆記試験(小論文、英文和訳)、面接があります。

もし「海外で働きたい」という希望があるようでしたら、応募してみてはいかがでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事