公立病院 vs 民間病院-医師が勤務する上でのメリットとデメリット

医師が常勤で勤務するとなると、公立病院、民間病院もしくは大学病院というような選択になると思われます。ただ、大学病院は医局に所属して、研究や大学院進学などを目的とすることが主体となることも多く、今回の比較についての選択肢からは外しています。

公立病院と民間病院、単なる経営母体の違いだけではなく、それぞれの特色があります。今回は、そのことについて書いてみたいと思います。

1) 給与面での違い

給与面では、やはり公立病院よりも民間病院の方が高額になりやすいという傾向にあるようです。もちろん、民間病院の経営状態にもよるでしょうが、傾向としては、民間病院に軍配が上がるでしょう。

また、公立病院では原則外勤が禁止されており、非常勤での給与を入れて考えると、さらにその差は大きく開く可能性がありますね。

2) 休暇について

公立病院では、夏季休暇などの休みはしっかりと確保されています。その一方で、民間病院では有給休暇を使って休むところが多く、その点で考えると、公立病院のほうが「休みやすい」という傾向にあるようです。

福利厚生面で言えば、やはり利益追求が必要な民間病院よりは、公立病院に軍配が上がるということでしょうかね。

3) 人間関係

公立病院ですと、基本的には医局派遣などでやってくる方が多いので、そうした方の中で仕事をするのがイヤでなければ、特に問題もないように思います。その一方で、「医局のしがらみなどがイヤ」という方は向かないといったことが言えるかもしれません。

民間病院は、結構様々な背景の方がいます。まさに玉石混合といった感じで、少々、変わった方もいらっしゃる印象ですかね。

以上です。
民間病院を選ぶのか、公立病院を選ぶのか、その違いは結構大きいと思います。まずはこうした違いを考えつつ、入職先をお決めになってはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。